新卒採用者の声 VOICE

受付カウンセラー / 大宮院勤務

S.Kさん

患者さまと信頼関係を築き
心から寄り添える
受付カウンセラーになりたい。

取材日:2021年8月

患者さまのはじめの一歩をサポートしたいという思いから。

私が美容医療を意識したのは、自身の肌荒れに悩んでいた学生時代です。当時は美容皮膚科に通っていたのですが、薬での改善を目指すうちに「施術を受けてもっときれいな肌になりたい」という気持ちが大きくなっていきました。しかし一般的な治療に比べて高額な費用がかかるため断念。そこから、私がそうであるのと同じように、世の中にはさまざまな理由から“はじめの一歩”を踏み出せない人がいるはずだという思いが芽生えました。そんな患者さまの気持ちに寄り添い、人生をより明るく過ごすためのお手伝いがしたいという思いから、この業界への就職を決意しました。
いくつかのクリニックの説明会や面接に参加する中で、私が唯一リラックスして素直に自分の思いを伝えられたのが聖心です。面接で来院したときの対応や、その後のメールのやり取りから「誠実」で「真面目」、そして患者さまだけではなく、一緒に働くスタッフにまで思いやりを忘れない会社だと感じました。実際に入職した後も、女性の職場にありがちなスタッフ同士の軋轢などはまったく感じず、患者さまのサポートに集中できる環境であることを実感しています。

些細な挑戦の積み重ねが、自分自身を成長させる。

最近は少しずつ現場に出るようになり、患者さまと接する機会も増えてきています。最初の頃は緊張のあまり、必要な説明を忘れてしまい、先輩に注意されることもありました。未だに患者さまの前に立つと、少し身構えてしまう瞬間はありますが、それは自分自身が成長することで解消できるはず。そのためにも、「積極的に考え、行動する」という目標を立てました。「まだ自分にはできないから」と動かずにいると、成長できるチャンスを逃してしまいます。たとえ未経験の業務であっても「私にやらせてください」と言えば、ほとんどの場合は、サポートを受けながら挑戦させてもらえるのがこの職場のいいところです。
また先輩の働く姿を観察して、自分でも実践できることはどんどん取り入れるようにもなりました。そのひとつが、患者さまをお出迎えする際に、“プラスα”のお声がけをするということ。「暑い中、大変ではなかったですか?」や「道には迷われませんでしたか?」など、何気ない話題からコミュニケーションのきっかけをつくれるように心がけています。そういった経験を重ねることで、少しずつですが、多少の余裕を持って患者さまと接することができるようになってきました。

患者さまにとってかけがえのないカウンセラーに。

現在の私は、ほとんどマニュアルに頼った動きしかできません。例えばプレカウンセリングを行う際も、必要な項目を機械的に聞いていたり、患者さまからの質問に対して1つの解答しかできなかったり。もちろんそれは間違った行動ではないのですが、今より知識や経験をつけることで、患者さまにとって有益な選択肢をもっとたくさんお伝えすることができるはずです。また、より円滑なコミュニケーションが行える能力をつければ、患者さまが言葉にしづらい悩みまで汲み取れると思います。そこまでできるようになると、ただ商品を紹介したり、施術を説明したりするだけでなく、もっと根本的な部分から患者さまを支えられるかもしれません。
その実現のためにも、この1年間でしっかりと成長して、私が接するすべての患者さまと信頼関係を築き、「あなたがいるから安心して通える」と言っていただけるような受付カウンセラーを目指していきたいですね。

ギャラリー

他の人を読む