新卒採用者の声 VOICE

受付アシスタント / 大阪院勤務

O.Hさん

一人ひとりの患者さまにしっかりと
向き合った接遇ができるように、
日々学び、成長していきたい。

取材日:2021年8月

患者さまを一番大切に。その考え方に惹かれて。

私が美容業界に興味を持ったのは学生の頃から。就職活動でも、化粧品やスキンケアに関わる企業ばかりエントリーしていました。そんな中で、就職先の候補として友人に紹介してもらったのが聖心美容クリニックです。ただ当時の私が「美容医療」という業界に対して抱いていたのは、利益を重視するあまり、スタッフ同士でも売り上げを競い合っているようなあまり良くないイメージでした。
それを一変させたのが、オンライン説明会の後に、今の勤務地でもある大阪院で開催された面談兼質問会です。そこでお話をさせていただいたマネージャーをはじめ、実際に働いている先輩方が、とても優しく話を聞いてくださり、また質問にも丁寧に答えてくださりました。そして何より、患者さまのことを一番大切にする姿勢が伝わってきたんです。その考え方にとても惹かれたのと同時に、美容医療を通して、自分ではない他の誰かからの外見の評価で悩む人が減り、より前向きに生きるためのお手伝いがしたいという想いが芽生え、その結果「ここで働きたい!」と強く感じ、正式に応募するに至りました。

親身なサポートで、苦労も乗り切れる。

入社後2ヶ月は、基本的な知識を習得するための研修期間でした。そこで院として提供している施術や、処方できるお薬、サプリメント、さらに接遇やマナーに関わることなど、多岐に渡る内容を学びます。私はもともと勉強が嫌いな方ではありません。しかし覚えることがとても多く、また同じ「美容」というジャンルでありながら、これまでは関心を持っていなかった男性向けのメニューなどもあり、かなり苦労しました。とはいえトレーナーの先輩が親身になってサポートしてくれたので、乗り切ることができたと思います。
しかし、これらの知識はあくまで基礎でしかなく、現場ではその時々の状況に合わせて柔軟で臨機応変な動きが求められます。それができるようになるために私が意識しているのは、判断できないことや疑問点があった場合は、必ず先輩に質問するということ。「少しお時間、いいですか?」と声をかければ、どなたでも快く答えていただけるのがこの職場の良いところだと思います。もちろん、先輩からいただいたフィードバックも都度メモを取り、後から見返せるようにノートにまとめています。

先輩を目指し、日々学び、成長を。

研修期間を終え、実際に現場で働き始めてから数ヶ月が経ちました。今の私の課題は、チーム全体を見ながら自分の動き方を決めるということ。予約表を見れば1日の大まかな流れを事前に把握することはできるのですが、その通りに進まないことも多々あります。そうなった時に、一緒に働くドクターや看護師、そして受付カウンセラーの方々がどういう状況にあるかを理解し、その上でもっとも適切な動き方をとらなければなりません。それがまだまだ難しく感じています。その点、受付カウンセラーの先輩方は、私が業務のお手伝いをしようとすると「それはもう出来ているよ」といった感じで、先回りして行動しながら、時にはマニュアルにはない動きをすることで、患者さまに負担をかけることのない対応をされています。
私も1年後には受付アシスタントから受付カウンセラーに昇格するという目標を掲げ、先輩方がそうであるのと同じく、一人ひとりの患者さまの悩みや理想にしっかりと向き合える接遇ができるよう、これからも日々学び、成長していきたいですね。

ギャラリー

他の人を読む