インタビュー INTERVIEW

受付カウンセラー / 東京院勤務

F.Aさん

数あるクリニックの中で
聖心を選んでくれたのは、
奇跡のようなものだから。

取材日:2019年6月

女性らしく、輝きたい。その思いで聖心へ。

大学を卒業した後に、特にやりたいこともなく、漠然と銀行員となり、淡々と働いていました。当時は、なるべく目立たないように、メイクもあまりせず、休日は資格試験のために勉強をする日々。活発で、楽しいことが大好きな自分を隠して仕事をしていたのです。そんなある日、業務の一環でWEBサイトやCM撮影のモデルをすることになります。撮影当日、久しぶりに、きれいにメイクをしてもらったときに感じたのは、「あぁ、私、女なんだよな」ということ。そして、その感覚が転職するきっかけとなりました。やりたいことがなかった私に変化が訪れた瞬間です。そこから女性の美しさを追求したいと思い、美容医療を選ぶことになりました。
私は以前、聖心とは別の美容クリニックに、患者として通ったことがあります。そのときに、接客態度が少し強引だった印象を覚えました。そこで思ったのが、いろんな病院を自分の目で見てみようということ。実際に、面接もいくつか受けてみました。その中で、惹かれたのが聖心美容クリニックです。暑い時期で、道に迷ってしまった私に、「大丈夫でした?」と心配してくださり、お水まで出してもらいました。面接中の言葉づかいもきれいで、なにより接し方が丁寧。「私もこんな女性になりたい」「絶対にここで働きたい」と気持ちが固まりましたね。こんなに優しくて、親身になってくれるスタッフがいるから、患者さまも信頼して通うことができているんだなと感じたんです。

スタッフの意識の高さが私を成長させてくれている。

入社してすぐに感じたのは「誠実で真面目なクリニック」だということ。 来院されたすべての方に、快適に過ごしていただけるよう、接遇やマナー、客室乗務員の方を講師に招いた社内研修を行うなど、教育制度もしっかりしています。また、新しく導入する施術や、商品が多いのも特徴のひとつ。常に最先端のものや、患者さまが心から満足していただけるものを提供できるように、勉強会や、ドクターからの説明会なども行っているんです。そこで得た知識を活かして、患者さまのよりよいサポートができればと思い、勉強に励んでいます。実際に、私が提案した商品を使ってくださった方から「あなたの言っていたとおり、とってもいいわ」と、他の方にまで紹介してくださったこともありました。頑張ってよかったと感じた瞬間ですね。私の所属する東京院は他院に比べ、患者さまも多いので、日々、みんなで協力しあう必要があります。だからこそ、スタッフ間で、声をかけ合って気持ちを高め、支え合って働けていることが、やりがいにもつながりますね。1日に何人もの方とお話をすると、難しくなるのが、そのすべてを覚えていること。そこで、最近は自分ノートを作っています。患者さまとの会話は、私がなによりも大切にしていることです。もし、私が患者としてクリニックに行った時、前回のことを覚えてもらっているだけで、すごく嬉しく感じますし、また来たいと思うので、メモをとることを意識しています。院内の雰囲気もよく、大好きな美容に関われているので、入社当時は、子どもが遠足に行くときのようにワクワクしながら出勤していました。

今が一番楽しい。そう思えるクリニック。

現在、職歴は8年目。今では後輩も多くなり、新人教育も担当させてもらえるようになりました。長く勤めていると、特に意識することなくやっている業務が多くなるので、自分以外のスタッフへの教え方がわからず、戸惑うこともあります。そんなときは、自分が新人だった頃を思い出し、どうやって業務を覚えたか、また、どんな風に指導してもらったかを常に振り返るようにしているんです。私が先輩にしてもらったように、後輩たちにしっかりと向き合い、相手の立場になって指導をすれば、楽しく、のびのびと成長してくれるのではないかなと思うようになりました。 私は現在、仕事と育児を両立しています。子どもが小さいときは、出勤してすぐに保育園から連絡があり早退することも多々ありました。ただ、周りのスタッフの方たちは、子育てをしている人にしかわからない辛さも、理解しようとしてくれますし、「〇〇さんは、大丈夫ですか?」と私の体調まで心配してくれるんです。子育てをしながら仕事をするのは大変ですが、スタッフ全員のサポートがあるから続けることができています。お昼休憩にはみんなでランチに行ったり、休みの日は子どもと一緒に遊んでくれたり。本当に“人”に恵まれているなと感じる日々。もしかしたら、人生の中で、今が一番楽しくて、輝けているのかもしれません。

ギャラリー

他の人を読む