インタビュー INTERVIEW

受付アシスタント / 東京院勤務

N.Mさん

「彼女になら任せても大丈夫!」と
言ってもらえるカウンセラーになる
ことが今の目標です。

取材日:2018年7月(現在は、受付カウンセラー)

やっぱり美容が好きだから。

前職はエステティシャンです。脱毛サロンで約6年、施術を続けてきたなかで、次のステップとして医療系に進むことを考えていました。結局、効果の面ではクリニックの脱毛には敵わないんですよね。
転職活動では一般事務にも応募したんですが、最終的には美容クリニックを選びました。やっぱり、私は「美容が好き」という思いに気付いたんです。
聖心美容クリニックを選んだのは、面接などで対応いただいたスタッフの方がみなさん好印象で、こういう人たちと一緒に働きたいと思ったからです。
まだ入って半年ほどですが、楽しく働いていますよ。
最近は担当する患者さまも初めてお会いする方ばかりでなく、以前に担当した方が別の施術で来院されることもあります。「ひさしぶり」と声をかけてもらうとうれしいですね。
また、予約を取った後や商品を購入していただいた後、患者さまがどうされているのか気になるので、「あの時、紹介してくれた商品が良かった」といった感想をいただくと励みになります。

安心してもらうために何ができるか

働いてみて、やはり医療の現場なのだと思いました。
たとえば、検査後に貧血で倒れてしまう方もいますし、ダウンタイムが長いと治療箇所が痛々しくなることもあります。でも、その分、効果は高いですね。施術や処置の説明をする受付にも深い知識が求められるので、日々、知識の習得に努めています。
知識を身につけるほか、日頃から心がけているのは患者さまに安心していただくために自分に何ができるかということ。
たとえば、腫れが気になって二重整形を決めかねていた方には、自分も施術したばかりだったので、「これが3日目の状態です」と私の目で説明したところ、オペの決断につながりました。
患者さまが倒れてしまった時は看護師しか対応できませんが、居合わせた人のフォローは私たちの仕事です。倒れた患者さまに声をかけ、近くにいた他の患者さまが動揺されないようにご案内するなど、私たちがまず落ち着いて行動することで、その場の雰囲気も落ち着きます。
まだまだ勉強中ではありますが、患者さまの安心のためにできるだけのことはしたいですね。

成長が実感できる職場

女性の多い職場は人間関係が面倒だというイメージがあったのですが、そんなことはまったくありませんでした。先輩は明るく優しい方が多いですし、同僚も仲が良いです。休日に食事に行くこともありますが、それも「行きたい人はどうぞ」という感じで、来なかった人をあげつらうようなことは誰もしません。風通しのよい職場だと思いますよ。
上司は厳しいですが、怒鳴られるわけではなく、私が良い方向に進んでいけるように助言してくれます。個人に合わせた指導のお陰で、自分でも成長しているなという感じがしますね。お出迎えからお見送りまで一人でできるようになり、たくさんの方を担当させていただいて、自信もついてきました。
東京院は来院者数も多く、電話もひっきりなしに鳴るので大変ですが、忙しくても人に恵まれているので楽しいです。
先輩や看護師、ドクターに患者さまを任せて大丈夫と思ってもらえるカウンセラーを目指して、これからもがんばっていきたいです。

ギャラリー

他の人を読む