インタビュー INTERVIEW

看護師 / 横浜院勤務

S.Nさん

一個人や一医院のがんばりでなく
当たり前のように
みんなで協力し合う文化があります。

接客が好きで救急から美容医療へ

母親が救急の看護師をしていて、私も以前は救急病院で働いていました。もう少し救急でがんばることも考えましたが、患者さまと長く関係を築ける仕事がしたいという気持ちが高まり、美容医療の道を選びました。看護学生時代から接客が好きだったんです。
聖心美容クリニックを希望したのも、効率よりも接客を重視しているという評判を聞いたからです。私は聖心で働いた経験しかないので比較できないですけど、他のクリニックで働いたことのあるスタッフに聞くと、聖心は一人ひとりの患者さまに対して丁寧に、時間をかけて接することができると言いますね。
実際に働いてみて、落ち着いた雰囲気のなかで接客ができるので自分には合っていたと思います。
入ってみて良いなと感じたのは、スタッフ全員が患者さまのひとことを大切にしていること。要望に添えるよう、皆で協力し合う文化がありますね。

患者さまの喜びがやり甲斐

忘れられないご家族がいます。
それは、PRPの施術を終えたお母さまが、息子さんと来院された時のこと。
お母さまはもともと美意識が高い方で、しわの増えたお顔を非常に気にされていました。鏡を見るのもイヤだと布をかけていたそうです。
当院でPRP療法を受けられた息子さんはそれを知っていて「母にもやってあげたい」と施術を薦めてくださったんですね。最初はためらっていたお母さまですが、息子さんの後押しで治療を決意されました。
その日、すっかり若々しくなったお母さまは、とても喜ばれて感謝を伝えてくださったんです。それだけでもうれしかったのですが、同行されていた息子さんがお母さまの様子を楽しそうにお話されていたのが印象的でした。「今は毎朝、鏡を見ちゃってるよ」なんて言って。
素敵なご家族ですよね。そうやって患者さまの喜びが伝わってくると、この仕事をしていて良かったなと思います。

輝く先輩の存在が成長意欲に

普段は横浜院で働いていますが、去年から教育係を任されるようになり、他院に出向くことも増えました。慣れ親しんだ職場とは違った環境で、新たな刺激を受けています。
たとえば、東京院はいつ来ても、物事を明るく前向きに捉える雰囲気があるんです。自分たちの職場でもそんな雰囲気づくりができたらと思って、スタッフと会話をする時にも、自分の言葉に気をつけるようになりました。
また、キャリアの長い先輩の仕事を目の当たりにして、仕事に取り組む姿勢も変わりましたね。今までわりと淡々と仕事をしていたのですが、先輩のような看護師になりたいという目標ができました。看護業務はもちろん、それ以外のこともテキパキとこなし、「●●さんに担当してほしい」と指名されるほど患者さまからの信頼もあつくて、すごいなって。
自分もあんなふうになりたいと思える先輩が多くいるのも、聖心の魅力だと思います。

ギャラリー

他の人を読む